信頼と品質のヘルメチック

充填接着剤 Caulking

ヘルメレジンシリーズ

へルメレジン SE-280 湿潤面硬化型可とう性エポキシ系
充填接着剤

へルメレジン SE-280 湿潤面硬化型可とう性エポキシ系
充填接着剤

配管廻りの止水・防水コーキングに最適
振動に強い可とう性タイプ・作業性が良好でコーキングガン打ちも可能

ITEM
  • SE-280 8kgセット
VOLUME
ORDER

2液混合型のエポキシ樹脂系の湿潤面・可とう性型充填接着剤です。
乾燥面だけでなく湿潤面でも施工が可能な優れた接着性と振動にも対応が出来る優れた伸縮性・可とう性を兼備しております。
また、作業性を良くするため主剤と硬化剤の混合が容易で、混合した製品をコーキングガンに充填することによりガン打ちも可能になりました。作業効率をアップするだけではなく仕上げもきれいに行えます。

使用方法

配管廻りの充填接着の場合の使用方法

1.配管を固定して下さい。

完全硬化前に配管が動いた場合に、配管との接着面に剥離を生じさせる原因となり、シール効果を損なうことがございます。

2.接着面をよく清掃して下さい。

埃、モルタル屑、油膜分、さび、コケ類など接着性を阻害するおそれのある汚れを除去して下さい。接着面をワイヤーブラシやサンドペーパーなどで下地処理を行うとシール効果が向上します。(特に塩ビ管や被覆管の場合など)

3.材料を混合して下さい。

使用量に合わせて、主剤と硬化剤を1:1の混合比率で全体が均一になるまで充分に攪拌して下さい。ヘラや混合棒などで攪拌が可能です。
混合した材料は、コーキングガンに充填してガン打ちすることもできます。

4.材料を充填して下さい。

混合後、速やかに充填部分へ空気を巻き込まないように充分気をつけて充填して下さい。幅20mm以上、厚み30mm以上の充填が効果的です。

5.完全硬化まで動かさないで下さい。

完全硬化まで過度の振動、衝撃、圧力などを加えないで下さい。

荷姿

8kgセット ケース1セット入り

特長

1.可とう性タイプのエポキシ樹脂です。

従来のエポキシ樹脂に比べて、振動や衝撃の際に亀裂や割れなどが生じにくい硬化特性がございます。

2.湿潤面での施工が可能です。

3.混合作業が容易です。

4.ガン打ちが可能です。

用途

1.土木、地下構造物の湿潤面での目地シール。

2.コンクリート亀裂部の充填接着。

3.配管廻りの隙間の充填接着。

4.耐振動対策が必要な部分の充填接着。

5.アンカーボルト用穴の埋め戻し。

可とう性とは、どのようなことですか?

硬化物が、振動や衝撃、曲げやたわみが生じたときに割れにくい性質を持ったタイプのことです。

混合しやすいとのことですが、どのように混合するのでしょうか?

ヘラや混合棒のようなもの、また機械攪拌も可能です。

コーキングガンでの作業が可能なのでしょうか?

はい、混合した製品をコーキングガンに充填して作業することができます。

乾燥面が施工条件でしょうか?

湿潤面の状態でも使用が可能です。

関連商品

  • INJECT 740
    土木建築用エポキシ樹脂系接着剤 計量不要・水質試験適合品
  • KSE-050
    コンクリートクラック補修材
    (高粘度湿潤面硬化タイプ)
    高粘度・湿潤面
  • ストッパブルパテ
    多用途止水・漏水補修用パテ剤 高密着・不乾性
  • SE-220
    水中硬化型充填接着剤 高接着