製品に関するお問い合わせ
03-3200-7289

結露・防蟻・防虫・その他Special And Other

一覧へ戻る»

結露防止シート

G-ブレス

00600100

貼るだけで結露防止ができる呼吸するシート!!
結露による電気機器の故障を防ぎます

結露防止シート

G-ブレス

主用途

結露によるBOX・盤内の電気機器の故障を防ぎます。 G-ブレスは、調湿特性の優れた特殊な高分子ポリマーによって設備機器の結露を防ぎ、トラブルを未然に防止する高性能な設備保全アイテムです。 全サイズ 両面テープ付属 Mサイズ・Lサイズのみ難燃用スポンジ付属

結露対策導入例
●配電盤・制御盤 ●屋外センサー・測定器 ●建築設備機器
●電力設備機器 ●工場設備機器 ●ドアホーン
●太陽光設備機器 ●LED機器
●屋外監視カメラ●高速道路電気設備●船舶の電気設備機器
●鉄道設備機器●蓄電池BOX●高層部や山頂部での屋外設備機器など

商品名 入数
G-ブレス Lサイズ ケース5枚入り
G-ブレス Mサイズ ケース5枚入り
G-ブレス Sサイズ ケース10枚入り
G-ブレス SSサイズ ケース10枚入り

製品説明動画

製品説明画像

この商品のFAQを見る

どのサイズを使用したらよいかの目安を教えてください。

各サイズの一枚あたりの適用目安容積は、気温30°C時の飽和水蒸気量を目安にして おり、SSサイズ7L、Sサイズ25L、Mサイズ150L、Lサイズ400Lとなります。 実際に使用される環境の最高温度と最低温度がわかれば、おおよそのG-ブレスのサ イズと必要枚数を算出できますので弊社営業部までお問い合わせください。

G-ブレスは、貼るだけで結露防止できるのですか?

G-ブレスは、より密閉された環境下で調湿性能を発揮できます。特にケーブル配管 (CD管やエフレックス管など)のケーブルとの隙間などは見落としがちです。必ず外気 が入る隙間をパテ材や発泡ウレタン剤などで処理してください。

防水仕様のBOXですが、内部に結露が発生しました。なぜ結露が発 生したのでしょうか?

防水仕様のBOXは、水滴が浸入しない構造です。しかし、BOX内部には空気が入っ ておりますので、環境温度の温度変動差が生じる限り、結露する可能性はあります。 空気は気温が高いほど水蒸気量を多く含むことができますが、温度が下がり空気中 に入りきれなくなった水蒸気が水滴、結露となります。

G-ブレスは、どのように貼り付けるのですか?

付属の両面テープをご利用ください。その他状況に応じた両面テープ、マグネットラ バー、マジックテープ等を別途用意して頂き、盤の壁面等に貼り付けます。 両面テープを貼る際は、G-ブレスの中央部に貼り付けてください。該当機器の隙間に G-ブレスを曲げて貼り付けることも可能です。その他、お客様専用ケースに入れてご 使用される方もいらっしゃいます。

盤内に通線部、底部、部材との合わせ部などに隙間や空孔がありま すが、どのようにしたら良いでしょうか?

隙間や空孔がございますと該当設備以上の湿気の出入りが生じ、場合によっては 雨水や地下水が内部に浸入することがございます。この状況は、G-ブレスの性能を 発揮できる環境ではございません。 1.隙間や空孔を封止するために、弊社の発泡ウレタン剤「HT-Foamシリーズ」、耐火 パテ剤「TFSパテ」、多用途防水接着剤「Miracle5」などをご利用ください。 2.扉や蓋の閉まり具合が悪い場合などは、付属の難燃スポンジ剤(MサイズとLサイ ズのみ)やその他適した材料にてご利用ください。 3.完全封止できない場合は、保護したい部分のみ、水が浸入しない構造に改良し、 その密閉された部分の中にG-ブレスを設置するなどの対策をされているケースもご ざいます。

G-ブレスは、シリカゲルよりも効果がありますか?

シリカゲルより1時間あたりの測定で、6倍以上G-ブレスは吸湿します。 また、吸湿量だけでなく吸湿スピードも非常に速いです。 そして、シリカゲルとの大きな違いは放湿量と放湿スピードです。 シリカゲルはほぼ放湿ぜず、そのスピードも遅いのに対して、G-ブレスは吸湿時と同 等のスピードで放湿します。 よって、シリカゲルは飽和状態になりやすく頻繁に交換する必要が生じます。 (吸湿測定値は保証値ではございません。)